学術講演会

平成29年度 第15回学術講演会(平成29年11月23日)

 今年度は排泄ケアと地域連携というテーマでご活躍されている先生をお招きし、ご講演ただきました。

 後半は今後の排泄ケアの質の向上につながるシンポジウムを開催いたしました。

PDF版はこちら

日時
平成29年11月23日(木・祝日)13:30〜16:30
場所
愛媛大学医学部重信キャンパス 医学部40周年記念講堂(東温市志津川)
参加者
108名

ページ先頭に戻る

日程および内容

12:00〜 受付開始

12:30〜 企業展示開始

※おむつ等の排泄ケア用品など展示する予定です。お気軽にご覧ください。

13:30〜13:35 開会の挨拶


【第1部:基調講演】

13:35〜15:05

「排泄の問題が地域で暮せない理由にならないために、私たちがするべきこと」

排泄ケアサポートセンターウエルビーイングオフィスK   梶原 敦子 先生

                    

15:05〜15:25 休憩


【第2部:シンポジウム】

15:25〜16:25 「排泄ケアにおける地域連携の課題や取り組み」

「地域連携・泌尿器科開業医の立場から」

泌尿器科あらきクリニック   医師 荒木 映雄 先生

「患者の場に立った排泄ケアの実践を目指して〜急性期病院での取り組み〜」

松山赤十字病院  看護師 山木 一恵 先生

「地域での活動と参加のための排泄ケア」

済生会今治第二病院   介護福祉士 山本 将宏 先生

「在宅復帰を目指すための、排泄ケアの取り組みと課題」

老人保健施設アイリス  看護師 土谷 まり子 先生

  

16:25〜16:30 閉会の挨拶

ページ先頭に戻る

梶原 敦子 先生のご紹介

【ご経歴】

  • 日本赤十字中央女子短期大学卒業後、脳神経外科を中心とした臨床看護に従事
  • 都立公衆衛生看護専門学校保健学科卒業後、東京都に入職し保険衛星行政全般に保健師としてかかわる
  • コンチネンスジャパン株式会社、財団法人脳神経疾患研究所総合南東北病院、東京都総合保健福祉センター江古田の森に勤務
  • 排泄ケアサポートセンター ウエルビーイングオフィスKを開設、代表を務める

【著書】

  • プライマリーケアのための高齢者尿失禁のマネジメント,医薬ジャーナル社(共著),2004
  • 排便アセスメント&ケアガイド―疾患・症状・治療処置別,学研(共著),2009

ページ先頭に戻る